可能性にフタをせず未来を描く

 
就職活動を前にすると、自分は何がしたいのか、どんな会社に入るのがいいのか悩み始める。確かに入りたい会社を探すことは大事なことだけど、その前に、この一度きりの人生をどう生きたいのか、可能性にフタをせず考えてみることが大事だと思う。

働くことを通じて、どんな未来を実現したいのか?

はぐくむが提供するライフワークコーチングは可能性にフタをせず、自分の生き方を考え、デザインする60分。たった60分だけど、その後の生き方、就職活動の質が驚くほど変わる時間になるかもしれない。そんな質の高い時間を目指して僕らはあなたの想いに向き合い、寄り添っていきたい。

【学生限定!無料!】はぐくむ ライフワークコーチング(LIFE WORK COACHING)
 
内 容 :就職活動や働くことに関する悩みや不安を軸に、可能性にフタをせず
     本当に望んでいる働き方や生き方について話し合っていきます
実施日時:原則、平日での日程調整とさせていただいています
実施時間:60分
実施場所:東京都世田谷区松原(井の頭線「東松原」駅より徒歩1分)
コーチ :小寺、平山または星屋
費 用 :無料
 

    

ライフワーク コーチ紹介

小寺 毅

TAKESHI KODERA

 
東京生まれ、ソ連、アメリカ育ち。ファミコンもコンビニもなく過ごしたソ連時代。モノに溢れていたアメリカ社会の両極を体験して戻ってきた日本で、何の為に、何を目指して生きるのかを考え始める。大学3年時に、ひとりひとりが可能性にフタをせず実現したい未来へむかって生きられる社会を目指して起業を決意。慶應義塾大学卒業後、フィッツコーポレーションにて新規商品企画を経て、はぐくむを創業。ただ漠然と働くのではなく、何のために働き、何のために生きるのかを問うコーチングや研修を企画・実施する。関心テーマは、業績も関わる人たちの幸福度も高い経営と、子供がイキイキと育つ教育。これらの関心キーワードは「フロー経営」や「人を大切にする経営」、「Small Giants」。「サドベリー」や「シュタイナー教育」など。経営にしろ、教育にしろ、人の可能性が最大限に発揮されていく環境や風土づくり、チームビルディングに関心があり、日々追及中。プライベートでは旅行とカメラが趣味。日本各地の神社仏閣や自然を訪れ、温泉でのんびりするのが好き。

平山 裕三

"GUCCI" YUZO

 
1985年生まれ。幼少期から恋愛対象が同性だと自覚。中学・高校時代は同性愛者であることを周りに言えず悩み苦しむ青春時代を過ごす。本当の自分として幸せな人生を送ることは無理だと諦めていたが、大学時代にはぐくむと出会い、ライフデザインスクールを通じて「これから自分はどう生きていきたいか?」を考え始め、「カミングアウトし、あるがままに生きていきたい」と決意する。友人や家族へのカミングアウト後、個人blogにて「僕がゲイだとカミングアウトする理由」を書き、様々な人からTwitter・Facebookなどで拡散され、大きな反響を呼ぶ。大学卒業後、ソフトバンクにて法人営業を担当し、東京エリアで1位の成績を収める。また、孫正義氏の後継者を育てるソフトバンクアカデミア第1期生に選ばれ、ビジネススキルや起業家としての生き方を学ぶ。ソフトバンク退社後、はぐくむへ入社。プライベートでは山登りやキャンプなどのアウトドアが趣味。インターン生にもからかわれてしまう、イジられ&お笑い系キャラでもある。

星屋 あやめ

AYAME HOSHIYA

 
「誰もが生きることの意義を感じられ、歓びに溢れた人生を生きる社会」を目指している。幼少期の体験から、人と人とが心からの繋がりを感じ、自らの可能性を信じて実現したい人生を歩んでいく為に、はぐくむに入社する。ライフテーマは家族、子供、自然。子供たちが、両親からの愛情を感じながらも、意志を尊重され自分らしく生きていけるような子育てが関心領域。自然派育児にも興味あり。特技はテレアポ。はぐくむインターン時代はアポ神の名をもつ。また無意識に事件を発生させる天才でもある。生み出した事件簿は数え切れない程のド天然。プライベートでは旅行と映画鑑賞が趣味。


豊富な実績と確かな実力

 
2005年以来、10年以上、学生のライフワークコーチングに携わっている小寺を筆頭に、はぐくむは日本において学生コーチングの先駆けであり、その確かな実力によって多くの学生のキャリアデザイン、実現したい未来のサポートを行ってきています。

体験者の声



アクセス(ライフワークコーチング実施場所)

 

井の頭線「東松原」駅より徒歩1分