ライフデザインスクール:はたを掲げて生きる
ライフデザインスクールのコンセプト:ライスワークからライフワークヘ

〜自分の可能性へ挑戦する6ヶ月〜


ライフデザインスクール
参加者インタビュー:中村 優花

(後編)
 
 

2017年4月から6ヶ月間に渡り、11期生としてLIFE DESIGN SCHOOL(以下 LDS)に通っていた、中村優花。みんなからは、「ゆかし」という愛称で呼ばれています。LDSを卒業した彼女は今、LDSの半年間について何を考え、これからどこに向かうのか。様々な場所で花を開かせ、よりいっそう輝くゆかしに、LDSに参加してみての感想やこれからについて聞きました。
 
 

「才色兼備を兼ね備えたエンターテイナー」になりたい

 
 
ーーゆかしは、今までのLDSを通してどんな未来を思い描くようになったの?
 
ゆかし: 一言でいうと、私は「才色兼備を兼ね備えたエンターテイナー」になりたい。インパクトのある言葉でまとめたいなってずっと考えていた時、この言葉がピンときました。
 
この「才色兼備を兼ね備えたエンターテイナー」というのは、自分がどうなりたいのかという面と、人からこう思われたいという面の2つの思いが入っています。
 
 
ーーうんうん。
 
ゆかし:自分が落ち込んでいる時に、モチベーションを上げてくれるものがドラマとか映画の世界なんです。主人公の女の子は最初は落ち込んでいるんだけど、泥臭く努力して、試行錯誤した結果、最後は頂点にたどり着く物語。ビリギャルみたいな。
 
そんな強い女の人が好きなんです。そういうところに出てくる人って、見た目もそうだけど、中身も強くて美しい。そして知的。そんな、才色兼備な人になりたい。
 
そして、エンターテイナーというのは人を楽しませること。今までは人を幸せにしたいとか、私が考えたものや情報で誰かを前向きに変えたい、応援したいという思いがあった。
 
けれども、誰かを前向きに変えることができても、前向きになった結果、その人が楽しいって思い続けてもらわないと嫌だなって。自分をきっかけに誰かが変わって、その結果、「今、私、楽しいです!」って言ってくれることが私にとっては幸せだと思う。
 
私の根本にあるのは、人を楽しませたいという思い。だから私はエンターテイナーになりたいんです。
 
 
ーーとっても素敵だね。
 

 

 

変われるチャンスが もう目の前にきてる

 
 
ーー1年生から4年生の大学生、そしてこの頃は社会人もLDSに参加してくれているんだけど、LDSを検討している人たちに何かメッセージをお願いします!
 
ゆかし:そうですね…。検討できるのって、すごいラッキーだと思います。だってLDSのことを知らなかったら、そもそも検討できてないと思うから。
 
LDSを検討してない人たちは、LDSに出会ってないって人たちだし、その人たちに比べれば検討してる人たちは変わるきっかけがある。変われるチャンスが、もう目の前まで来てる!
 
そのチャンスを得て、自分の可能性に思いっきり挑戦していくのも一つだし、目の前に来ているチャンスを一旦遠ざけて他のことをやるのも選択だし、自分のことを考えることから逃げてこれまで通りに生きるのも選択。どういう選択をするかは、本当に人それぞれだと思うんです。
 
でも、今もし、LDSに参加してみたいなぁと少しでも思っているなら、そういう機会が転がっているのは本当にラッキーだと思うし、心配なくそのチャンスを掴んで欲しいなと思います!
 
 
ーーありがとうございます!
 
ゆかし:ちょっと最後ごちゃごちゃしましたけど。LDSのこと気になっているけど、説明会に行くまでに足取りが重いみたいな人が一番行くべきだと思います!(笑)
 
だから、もしこれを見てる人が、そうだとしたら、まずは1回、はぐくむに行ってみればいいんじゃないかなぁ。
 
 
ーー場にそもそも億劫で来れないみたいな人ほど。
 
ゆかし:そう!そういう人ほど来るべき!
 
 
ーー重い腰を上げてね。
 
ゆかし:じゃないと変われないんで。一生。
 
 
ライフデザインスクールの無料説明会へ参加してみる!

ライフデザインスクール生:ちか

この記事を書いた人
菅原 実咲
ライフデザインスクール 東京11期
 

ファシリテーター:たけさん

インタビュアー・この記事の監修
小寺 毅
ライフデザインスクール
ファシリテーター
株式会社はぐくむ 代表取締役
 

ライフデザインスクール説明会バナー

HOME | インタビュー 一覧 | 中村 優花(後編)|ライフデザインスクール参加者インタビュー